ライプツィヒのオペラハウスでカルメンを観る

先週の話ですが、高校時代からの友人(野口君)

再びワイマールに遊びに来てました。

 

 

 

去年の滞在はこちら↓

野口君

 

 

今回の滞在は数日間ワイマールでのんびり・・・といった感じ。

 

せっかくなので、ライプツィヒまで足をのばして、

 

オペラ「カルメン」を観に。

 

 

ホールはこんな感じ。遠い席ですが問題ないです。

この席のチケットは35€(約4200円)学生だと21€(約2500円)。

 

 

 

定番だし、あらすじも良く知ってるので、気楽な感じで見ていました。

どの場面でも合唱が大勢出ていて、迫力たっぷりです。

 

 

 

ドンホセ役のテノールが、すっごい良かった・・・

なんならカルメンよりも印象に残っている。笑

第2幕に出てくる迫真のアリア、「花の歌(おまえの投げたこの花を)」。

全体的に大勢でわちゃわちゃしている場面が多いので、

こういう独唱が際立って印象に残る。

 

客席の全員が固唾を飲んで見守るシーンでした。

 

 

 

 

そういえば、

高校の時にギター合奏(LAGQ編の4重奏編曲)で

カルメン組曲を弾いたなぁ・・・

 

その時に一緒に演奏した友人と、今

こうしてドイツでカルメンを見に来ているって感慨深い。

 

 

 

この日はライプツィヒで一泊し、次の日ワイマールへ帰りました。

 

 

 

おまけ

ライプツィヒ大学の校舎をちょっと見たり。

薄暗いですがそれもまた良き。ちょうど鳩が一斉に飛び立ってなんかいい感じ。

 

 

 

あと、

メンデルスゾーンの家に行ったり(過去記事参照)。

 

ドイツ旅ライプツィヒ編 ~メンデルスゾーンの家、シューマン夫妻の家~

 

 

 

 

ちなみに下記記事内のカフェ・バウムCOFFE BAUMは

現在改装中です。残念。

ドイツ旅ライプツィヒ編 ~シューマンの指定席~

 

 

2021年に新装開店する予定なのだとか。

ソース↓

https://www.l-iz.de/politik/brennpunkt/2019/05/Der-Coffe-Baum-soll-2020-umfassend-saniert-werden-und-2021-wieder-fuer-seine-Gaeste-oeffnen-274891

 

 

 

 

 

楽しい滞在でした。

ワイマールで行ったお店のことは、また次回!

 

おわり

The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す