また病院のお世話になった話

2月のことですが、また病院に急患でお世話になってしまいました…
4年ぶり2回目だよ!!

前回はこちら↓




2月のある日、友人宅にお邪魔していた時のこと。
そのアパートには茶色い老猫がいて、玄関のベンチや階段でくつろいでいます。
聞いた話によると、前の住人の飼い猫を今の住人が引き継いでるらしい。そんなことあるのか。





この日もその老猫はちょこんと座っていました。階段の踊り場で家主を待っています。
猫に見惚れながら階段を下りていたら、階段で滑って
左足をグキッと逆方向に曲げてしまいました。

「あ、やっちゃったかな」

って思ったのですが、幸いその時はあまり痛まず、
普通に歩いて帰ってこれたのでした。
まあ、軽い捻挫だろう。





深夜、寝る前に左足を観察。

「湿布、古くなってたから捨てちゃったんだよなー…」

と思いながら左足を触っていると、「ピキッ」と鋭い痛みが。

「あ、これやっちゃった!? やっちゃったわーうわー」

腫れていくくるぶし。滲み出る汗。
何だかわからないけど「やっちゃった」のは確か。


そのまま1時間くらい放置していましたが、
到底寝れそうもない。動けない。
もしかして腱がやられてる…?それとも折れてる…?
朝まで待たずに、今病院行くか…?


ここでやっと病院に行くことを決意。
片足で移動しながら、一緒に住んでいるアフリカ人A君を起こす。

「ア、アイニードユアヘルプ」

肩を借りながら、ゆっくり階段を下りてタクシーへと向かったのでした。
A君の腕の頼もしさよ…本当にありがとう。



ワイマール郊外の病院に到着。静かで薄暗い。
ビニール製の冷たいベッドに乗せられる。

優しそうな看護師のおばちゃんが来る。
「痛い?」
「かなり痛いです…」
「ちょっと待ってね」
彼女は青いゼリー状の保冷剤(常温)を左足に乗せてくれました。


幸い、医師もすぐに来てくれました。
「このご時世だからPCR検査をやらなきゃいけないんだよ!ちょっと我慢してね」
と言われて、鼻に細長い綿棒みたいなやつを入れられました。

そんなの痒い程度にしか思わないくらい、足からは相変わらず激痛。
左足を中心に、全身の血管が脈打ってる感じ。
高校生の時に鎖骨を骨折したことがあるのですが、その時と同じか、超える痛さ。



青いゼリー状の保冷剤(常温)を見た医師。
「これ常温じゃね?」
「冷蔵庫に入ってなかったのよ」

痛みを訴える私。
「今痛み止め持ってきますね」
やった!痛み止めの錠剤をもらってすぐに飲みました。


その後、簡易的なレントゲンを撮ってもらう。
手術とかになるのかな…まあ入院だろうな…
こういう怪我の経験ないから、何もわからん。




30分後、医師が一言。
「何も異常ないから帰ってね」


え!????こんな痛いのに何も異常なし!???


「え、本当ですか?本当に異常ないんですか!?」
ベッドから動けない私。しかも深夜2時。
「帰る方法がないんですけど!」
「うーん、でも入院させてあげられないし、できることはないなぁ」


交渉の末…
朝までここに寝てていいことになりました。
病院の薄暗い廊下に、ベッドごと移動。


足は相変わらず痛いまま。
あんまり私が痛がるので、見かねた医師が強い痛み止め(点滴)を処置してくれました。
これが効いたのか、1時間後には少し痛みが引いてくる。





そして、朝5時。
医師「タクシー呼んでおくよ」

片足で立ちあがる私。相変わらず、左足は触れただけで激痛。
とても体重を乗せられそうもない。


「大丈夫だから、あなたの足どこも怪我してないから!ほら、立ってみて!」
「無理です!」
「痛くないから!気のせいだから!」
「いや無理だって!痛いって言ってるじゃん!(気のせいってなんだよ…)」


めっちゃかっこ悪いですが、この時は本当に痛かったんです…信じてください…
タクシーに乗せられて帰宅したのでした…





家に着いて数時間。
痛かったものの、なんとか少し仮眠をとることができました。

ちなみにその後嘘みたいなスピードで回復。
2日後には普通に歩けるように。
確かに、医師の言う通り、何も異常なかった…でも本当に痛かった…

というわけで、泣きそうになりながら

「これはブログネタにせざるを得ない…」

と思って病院で必死に撮った1枚が

この写真でした。




まとめ

猫を見ながら階段を降りない!
以上!!




おわり

The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

コメントを残す