野口君




 

 

高校~大学時代の友人である野口君が、

ワイマールに遊びに来てくれました。

 

 

野口君との想い出はもう書ききれないほどありますが、

なんといっても、人生初めての海外旅行(ウィーン)

彼と一緒だったっていうのが一番の思い出であり、

その後の人生に影響を与えたなぁって思います。

 

 

さて、あまり時間が無かったのですが

ワイマール、エアフルトを散策しました。

楽しんでもらえたようで、嬉しい。

 

ワイマールではゲーテの家、リストの家へ行ったり。

ワイマール散策中の一コマ。

 

 

 

路上でソーセージBratwurstを食べたり。

 

 

 

午後はエアフルトも散策。教会を中心にいろいろ回りました。

クレーマー橋については前にも書きましたが、今回は

教会の塔を上まで登ってみました。

めっちゃ風が強いのがこの写真からもわかると思います(笑)

奥に見えてるのがエアフルト大聖堂Erfurter Dom。

 

 

 

そしてポートレート撮影タイム!(笑)

といってもまだまだ素人でカメラの使い方もよくわかっていませんが・・・

なかなか良い雰囲気で撮れたと思う!

 

 

そしてエアフルトの

Haus zum Naumburgischen Kellerというドイツ料理屋へ。

左側のお店です。

 

どうしてもサーモンが食べたかったので、

Paniertes Seelachsfilet

Paniertっていうのは、揚げ焼きみたいな感じですが、

日本のパン粉よりも目の細かい衣がついていてカリカリしてます。

 

野口君はBrätlを食べていました。このBrätlが肉厚で、

今まで見た中だと一番おいしいかも。味濃すぎないし。

(ちょっと味見させてもらいました)

このお店おすすめです。

 

 

 

 

「私にとっての日常は、誰かにとっての非日常」

っていうのは、誰の言葉か忘れちゃいましたが、

いろんな意味を孕んだ、いい言葉ですよね。

 

 

 

お互い今は全然違う日常を過ごしているけど。

この3日間は、あの頃に戻ったかのように過ごせました。

野口君ありがとう!

 

 

 

おわり

 


 



The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

コメントを残す