GABAN「手作りのカレー粉セット」でスパイスに詳しくなろう!

 





3月末の話ですが、、、こんなものを購入。

 

GABAN 手作りのカレー粉セット!

なんと20種類のスパイスが全部小袋に入っていて、

自分で調合して楽しめる!

私が買ったのは上野アメ横でしたが、KALDIでも普通に売ってます。

私が買ったときは税抜680円。このスパイス全部で20人分のカレーが作れます。

 

 

 

よくカレー関係の記事で見かける、

お皿の上にスパイスが盛ってある写真・・・撮ってみたい!

ということでやってみました。

 

 

 

 

じゃーん!

タイムだけ乗せられず、木さじの上で仲間外れ・・・

 


それぞれのスパイスの名称はこんな感じ。

一つ一つ、香りを確かめながら開封する楽しさ。

もちろん使ったことないスパイスもあるので、発見があります。

 

 

 

ターメリック、クミン、コリアンダー、みかん(みかんの皮)

かなり量が多く、ここには少しだけ乗せています。

みかんの皮ってそんなに入ってるんですね・・・知らなかった。

それから辛みの元であるカイエンペッパーも余らせました。

私は辛くても平気ですが、家族向けに作っているので・・・

 

 

 

 

いかにもカレー研究家風の写真を撮ったり。

 

 

 

調理


さて、せっかく綺麗にお皿に並べましたが、、、

やることはとっても簡単。

 

フライパンに開封したスパイスを全部入れて、弱火で5~6分煎るだけ!

 

 

 


カレールーらしい色になったら完成。

 

 

 

ここからはほぼいつもの工程。

 

 

 

みじん切りにしたたまねぎ、にんにく、しょうがを炒めて、

(玉ねぎいい色になったのに写真撮ってなかった・・・)

 

 


ホールトマト缶を1缶(+水少々)、鶏もも、


先ほど作ったカレーパウダー、

 

 

ココナッツミルクを2/3缶ほど、

 

 

 


コンソメ2かけ、

塩を入れて味を調えて完成!

 

 

 

味はスパイスの香りがしっかり立ってていい感じ!

日本のカレールーは小麦粉が入ってトロっとしているのですが、

このパウダーだけで作るとよりさらっとした口当たり。

そして野菜も入れずシンプルなので、スパイスのそれぞれの個性が際立ちます。

 

 

 

カレールーと混ぜて、まろやかにしてもいいですね。

(後日母はそうやって食べてました)

 

 

 

あと、これ重要なのですが、作ったスパイスは

冷蔵庫で何日か寝かせたほうが良いらしいです。

今回は時間が無かったのですぐ食べちゃいましたが・・・

 

 

 

 

スパイスに詳しくなれる!


市販のルーを使ったカレーや、レストランで食べるときも

様々なスパイスの香りの違いを知っていることで、

より楽しめるのではないでしょうか。

 

 

 

というわけで、700円弱で楽しめるスパイスの宝石箱

GABANの手作りカレー粉セット!

買って、みんなでスパイスカレーパーティーしてみませんか??

おすすめです!

 

 

 

 

おわり




The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

コメントを残す