【レビュー】濃密な時間―谷辺昌央「ロッシニアーナ -ギターで聴くオペラの世界-」




私は一音楽家として谷辺さんに強い影響を受けたため、

個人的な思いに溢れすぎてうまく言葉にできないのですが、

とりあえずこのCDに関してだけ書いておきます。

 

 

 

 

ギターで聴くオペラの世界


ロッシニアーナ -ギターで聴くオペラの世界-

タイトルの通り、オペラを題材とした選曲が中心。

 

 

 

マウロ・ジュリアーニ(1781-1829)の

ロッシニアーナ第1番Op.119、ロッシニアーナ第5番Op.123

この2曲はロッシーニの様々なオペラからの旋律が登場する自由な形式の曲。

有名どころだと「セビリアの理髪師」「オテロ」「泥棒かささぎ」とか。

 

 

 

そしてフェルナンド・ソル(1778-1839)の

モーツァルト≪魔笛≫より6つのアリアOp.19

そして≪魔笛≫の主題による変奏曲Op.9

「6つのアリア」はあまり演奏されませんが、

効果的で無理のない編曲で中級者くらいの方にもおすすめです。

 

6つのアリアから、4曲目のDas kling so herrlich(なんて素敵な鈴の音だ)のメロディーが

≪魔笛≫の主題による変奏曲のテーマとなっています。

これがDas kling so herrlich(なんて素敵な鈴の音だ)の原曲。

グロッケンシュピール(鉄琴)の響きのかわいらしいこと。

ギターではグロッケンシュピールの旋律をハーモニクスで弾いています。

 

 

 

唯一、

ヨハン・カスパール・メルツ(1806-56)のエレジー(哀歌)だけは

特にオペラからの引用ではないのですが、

ショパンからの影響も感じられる装飾に溢れたメロディー、そして劇的な展開

イタリアオペラも彷彿とさせますね。この曲の並びに入っているとまた聴こえ方も変わります。

 

 

 

 

 

全ての音符がラストへ向かっていく


例えばロッシニアーナ第1番。

この曲はいわゆるポプリ(いくつもの旋律が次々と出てくる曲)で、

楽しいながらも散漫な印象を与えがちなのですが、

 

 

 

このCDではとっっっても濃密な17分間となっています。

間の取り方、各部分のキャラクターの違い、歌わせ方、音色、テンポ設定・・・

そういった様々な要素が緻密にコントロールされ、構築されていく。

 

 

 

特にラスト約3分半の展開の素晴らしさ。

最後のGの和音に、それまでの全ての音符が躍動感を持って向かって行きます。

そして最後の和音が鳴り終わった後、しばし恍惚としてしまいます。

 

 

 

全ての音符に必然性を持たせることできるギタリストです。

 

 

 

たしか濱田滋郎さんが「音楽の秘法を身につけたギタリスト」と表現していましたが、

ピッタリの言葉だと思います。

ギターという枠にとどまらない、普遍的で美しい表現が彼の演奏にはあります。

 

 

 

3月にはCD発売記念リサイタルが近江楽堂で開催されました。

CDも良いけどコンサートはさらに良いんですよ・・・!

残念なのは公演がそれほど多くないこと。

(あと、いつも会場にギター関係者が意外と少ない気がします。。。)

 

 

 

今週土曜、渋谷タワレコでミニコンサートがあります。

【谷辺昌央 『ロッシニアーナ -ギターで聴くオペラの世界- 』CD発売記念 ミニ・コンサート&サイン会】
4/20(土) 15時〜 タワーレコード渋谷店 7Fイベントスペース

http://towershibuya.jp/2019/03/06/131726

 

 

 

Youtubeでロッシニアーナ第1番の冒頭、

Facebookでロッシニアーナ第1番のラストも試聴できます。
https://www.facebook.com/masaotanibeguitar/videos/390559088404034/

 

 

 

是非一度聴いてみてください。きっと驚きます。

 

 

おわり




The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す