エスプレッソ生活始めました(Bialettiのモカエキスプレス)

この前こんなものを買いました。

 

 

直火式エスプレッソメーカー!

Bialettiのモカエキスプレス(一人用)です。

友人宅にあってずっと欲しいなと思っていて・・・

ついに買っちゃいました。

 

 

 

こうやって抽出します

 

こんなパーツで構成されています。

左からボイラーバスケットサーバーというパーツとなっています。

 

 

 

 

 

今回使うのはこのコーヒー豆。ワイマールのカフェで売ってる豆です。

 

 

これを細挽きにして・・・

 

豆をゴリゴリ挽くときの音、感触も楽しいですよね。

 

 

 

 

さて挽き終わったら、

 

Bialettiのボイラーに水を入れて、

 

バスケットを乗っけます。

 

このバスケットに、

 

挽いた豆を詰めていきます。

 

ぴったりすりきり一杯!

 

そしてサーバーを装着し、

 

 

準備完了!

コンロ(うちは電熱式)の上に乗せて抽出開始。

 

ドイツでは直火コンロはほぼ無く、こういった電熱式か

IHが主流。電熱式は暑くなるまでにかなり時間がかかるのが難点・・・

 

 

 

最初にボイラーに入れた水が沸騰し

水蒸気がコーヒー豆が充填されているバスケットを通って

サーバーにエスプレッソがたまっていく、という仕組みです。

 

 

 

 

せっかくなので蓋を開けて待機。

真ん中の開孔からエスプレッソが吹き出してくるはずです。

(火が強いとエスプレッソがかなり勢いよく噴き出すので、蓋はちゃんと閉めましょう)

 

 

 

 

ここは動画でお楽しみください。


動画20秒くらいから来ます。

55秒くらいから急にラストスパートって感じで泡が出てきます。

 

(なぜかロッシニアーナ第1番がうっすら聴こえてきますが、気にしないでください笑)

 

抽出が終わったらすぐに火から下してコップに移し、

砂糖をたっぷり入れて、いただきまーす!

 

 

 

 

 

コーヒーを淹れる楽しみ

 

 

残念ながらクレマ(コーヒーを抽出したときに出る泡。これがおいしい)

は出ないものの、

淹れたてのエスプレッソの豊かな風味は楽しめました!

クレマが出ないのは、もしかしたら火が弱くて抽出が遅いせいかもしれない・・・

次はもっと強火で試してみます。

 

 

 

時間はかかるものの、出来上がりを待つわくわく感がたまらない。

また一つ楽しみが増えました。

ますますコーヒー中毒が加速する。。。

 

 

 

あんまりカフェイン摂取すると身体が冷えたりして演奏に影響が出るので、

カフェイン含有量の少ないエスプレッソのほうがいいかもなぁ。

 

 

 

というわけで、コーヒーの話題でした!

おわり

The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

コメントを残す