【レビュー】飲むおにぎり梅昆布【想像以上におにぎり】




夢の国こんにゃくパークが期待以上にテーマパークだった

 

ところで、

こんにゃくパークの試食バイキングコーナーで、

あえて紹介しなかった

一つ異常な存在感を放っているモノが。

 

 

 

 

飲むおにぎり・・・??

 

おそらく、ウ〇ダーインゼリーなどと同じコンセプトで、

手を汚さず手軽に食べられるように、

咀嚼できなくても食べられるように、と開発されたのでしょう。

 

 

 

こういうの大好きです。買うしかないでしょう。

というわけで、

 

「飲むおにぎり 梅昆布」

買ってからずっと開封していなかったのですが、時は流れ、

 

 

 

 

日本を発つ日の最後の朝ごはんとして、成田空港でこれを食すことに。

マックの前で何してるんだ私は。

 

 

 

 

うーん・・・

 

 

 

酸味が強い!!!

味が濃い!!!

というのが第一印象。

 

 

ゼリー状で、ドロドロしてはいますが、

あんまりお粥感は無く、

ご飯の粒がしっかり残っていて、

 

おにぎりを飲んでいる感覚がリアルに味わえます。

 

 

 

母親にも一口味見させると・・・

 

 

 

 

「あ、昆布出てきたわ」

なぜか爆笑する私と母。(汚くてすいません)

 

 

 

 

完食。

最初のインパクトはものすごかったですが、

食後感は紛れもない「おにぎり」。

ハマる人はハマると思います。もうちょっと酸味が控えめだったらな。。。

 

 

 

たぶんめったに売ってないと思うので、見かけたら是非試してほしいです。

 

 

 

 

ちなみに「飲むおにぎり 梅かつお」も買いました。

まだ開封せずにドイツに持ってきています。

 

 

 

 

欲しい人あげます。(笑)

 

 

 

 

おわり




The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

コメントを残す