【超簡単】ザワークラウトで腸内環境改善!

 





ドイツの漬物、ザワークラウト。

ザワーsauer = 酸っぱい、クラウトkraut = キャベツ(一般的にキャベツはKohlと言います)、

という意味です。

 

 

キャベツを乳酸発酵させただけ・・・というシンプルな漬物です。

引用元: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Wesselburenkraut_19.06.2012_18-35-26.jpg

 

 

あまりなじみが無いかもしれませんが、

ドイツ料理、特にソーセージには定番の付け合わせです。

 

実はこのザワークラウト、家で簡単に作れちゃうんです!

 

 

必要なものは、

・キャベツ

・塩

・(あれば)キャラウェイシード

・煮沸消毒した瓶

 

これだけ!

 

 

 

作ってみた

 

キャベツを頑張って千切りして、(超苦手)

キャベツ100gに対して、

塩1~1.5g

キャラウェイ小さじ1

の割合で塩とキャラウェイを加える。
塩の分量はけっこう正確にした方がいいみたいです。キャラウェイは好みで。

 

 

 

しっかり揉む。

揉み続けるとこんな感じでしんなりしてきます。

 

 

今回は薄切り玉ねぎでも同様に作ってみました。

 

 

出てきた汁ごと瓶に入れ、数日置いておくだけ。

 

 

 

5日後

 

こちらが5日ほど常温で置いたものになります。
さて、お味は・・・!

 

 

うん、しっかり酸っぱい!乳酸菌の優しい酸っぱさです。

そして、時々現れるキャラウェイがいいアクセント。

玉ねぎの方は少し酸っぱさ控えめ玉ねぎの甘みを楽しめます。

辛さもマイルドになり、どんどん食べられちゃいます。

 

 

正直玉ねぎのほうが好み!

生玉ねぎは血液サラサラにするって聞きますしね。

作ってから何回も食べてますが、全然飽きません。

 

 

 

野菜不足を感じる方、

腸内環境を整えたい方。

ソーセージの付け合わせに悩んでいる方、

是非お試しください!

 

 

 

 

おわり




The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

コメントを残す