皆様、初めてのギターは何でしたか??

宣伝



突然ですが、読者の皆様の初めてのギターは何でしたか??

 

 

 

私は、中学2年生までは

父親のアコギ、中学校の備品のギター(ヤマハCG150)、

中学校の国語の先生のギター(ASTURIASだった気がします)などを

使ってきましたが、

 

 

 

やっぱり忘れられないのは、

中学3年生のときに買ってもらった

初めての自分のギター、

杉のアントニオ・サンチェス。

(今は高校時代の親友が所有してます)

 

 

 

中古で15万くらいだったかなぁ。

父親にプレゼントされ、初めて音を鳴らしたときの感動は忘れられません。

その当時の事は前にブログに書きました。

私がドイツに来るまで【3】初めて立ったステージ
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回で中学生編終わらせるので、かなり長めです(笑) バッハで手拍子 中学1年の文化...

 

そんな初めてのギターから約15年

まさか自分がギタリストになるとは思っていませんでした。

もう天国にいる父親に、自分の音を聴かせることはできないけれど。

いつでも新鮮な感動を持って、音楽と向き合っていたい。

 

 

 

というわけで、3/23(土)のクロサワ楽器Dr.Sound様でのインストアライブは、

そんな事にも思いを馳せながら、臨みたいと思っています。

今回は、入門用ギターから上位モデルまで弾き比べするという、今までにない

企画となっており、楽しみです。

 

 

 

曲目はお楽しみ!

ここ最近のコンサートレパートリー以外も弾きますよ。

facebookイベントページはこちら

伊藤亘希 インストアライブ
ギタリストの伊藤亘希さんに、入門用ギターから上位モデルまで弾き比べをして頂きます! プロが初級モデルのギターを弾くとどうなるのか?はたして高級ギターとの音の違いは? プロギタリストによる楽器の選び方のアドバイスなど、盛りだくさんの企画です! 入場無料・予約制 ご予約お問い合わせは、こちら ↓ Mail : dr3@k...

お待ちしております!

 

 

 

 

おわり




The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメント

タイトルとURLをコピーしました