ワイマールおすすめスポット紹介~ゲーテの家~



さて、以前のブログではゲーテの著作について書きました。

教養としてのゲーテ入門

今回はワイマールのゲーテ・ハウスについて書きます!

 

収集家だったゲーテ



ゲーテはカール・アウグスト大公に呼ばれてワイマールに住み始め、

亡くなるまでの約50年ほどここに居を構えていました。

かなりの豪邸で、部屋の数の多さ、所蔵品の多さに驚かされます。

当時は部屋が絵画、陶器、彫刻などゲーテのコレクションで

埋め尽くされていたのだとか。

見ての通りゲーテは古代ギリシャ芸術にとりわけ傾倒していました。

力強い、完璧な肉体と精神への憧れ。まさに古典主義です。

 

鉱物学、色彩学の研究成果も残したゲーテ。特に「色彩論」という著書が有名です。

 

ゲーテの好奇心は音楽にも向いていました。自分ではほとんど弾かなかったらしいですが・・・

若きメンデルスゾーンがここでゲーテの前で演奏したそうです。

 

 

仕事部屋。一転して物が少なく、仕事に集中できるようにしているのが伺えます。

 

こちらが亡くなった寝室。

この壁には当時の歴史年表が貼られているんですが、

読んだら面白そう・・・

 

 

いかがでしたか?

これ以外で特に印象深いのは、18世紀末頃の世界地図。(写真無くてすみません)

こんなに詳細に世界のことがわかっていたなんて・・・と

食い入るように見てしまいました。

 

 

もっともっと所蔵品の展示があったのですが、

是非生で見てみてください。

ワイマールに来たら絶対外せないスポットです。

 

 

おわり

 

このブログは広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告がブログ訪問者にクリックされると、私のほうへ報酬が発生するという流れです。



The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す