言葉の持つ力~ステージパフォーマンストレーニングで考えたこと~

 

この間、”Auftrittstraining”という集中授業を受講してきました。

 

どんな授業?

日本語に訳すと単に「舞台の訓練」

意訳するなら「ステージパフォーマンストレーニング」って感じかな?

 

 

 

 

会場はいつも練習会してる小ホール。

 

現役の打楽器奏者によるレクチャーでした。

内容は大まかに、

・身体の動きの心への作用

・メンタルトレーニング

・実際のステージ上での所作

・本番に向けた練習や体のコンディションの準備

といった感じで。

 

 

 

実際に本番を想定して、各自3分くらい演奏し、

各々「こう振舞ったほうがいいよ」とか「あなたはこういう印象だった」など

いろいろ感想、意見を交換しました。

 

ちなみに友人とお互いにスマホで自分の演奏を録画し合いました。

 

 

 

 

講師がおすすめしていた本。どれか読んでみようかな。

 

 

 

 

言葉の持つ力

 

特に印象に残っているトピックは、

討論形式で進めたメンタルトレーニング

グループAはあえてネガティブな文章を作り、

グループBはそれをポジティブに言い換える、というもの。

 

 

例えば、

A「緊張して手が動かない」

B「緊張するのは誰だって同じ」「むしろ緊張は演奏を良くする」「お客さんは気づかない」

など・・・

 

やってることは単純で、

「それができれば苦労しないよ!」と思うかもですね。でも大事なことです。

 

 

 

 

「言葉を選ぶこと」の影響は自分が思っているよりとても大きいと思います。

ついネガティブな言葉を選んでしまう人、

言葉尻に”否定形(~ない)が多い人、

つい攻撃的な言葉、大袈裟な言葉を使ってしまう人。

 

 

 

 
選んだ言葉は、再帰的に自分の心に作用していきます。
私は普段、どんな言葉を使っているか。

些細な言葉選びにも全て、無意識の考えが反映されています。

そのことに気づくことが大事。

 

 

 

 

意識的に言葉を紡いでいこう。

なりたい自分を目指して。

 

 

 

 

おわり

 

P.S.

本番に向けた、もうちょっと具体的な練習方法など、

また別記事で書きますね。(需要あるかなぁ)

 




The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

2 Replies to “言葉の持つ力~ステージパフォーマンストレーニングで考えたこと~”

  1. 講師の方が勧められていた本は全てドイツ語なのでしょうか。。

    具体的な練習方法、とても興味があるので楽しみにしております!

    1. 伊藤 亘希(いとう こうき) より: 返信

      ドイツ語or英語っぽいです。ドイツ語の本を読むのはとても時間がかかります・・・
      今回の記事けっこう反響があって、嬉しく思います、ありがとうございます!
      続きをお楽しみに!

コメントを残す