ワイマールおすすめスポット紹介~リストの家~



作曲、指揮、指導へと活躍を広げたリスト


 


フランツ・リストFranz Liszt (1811-1886)

1848年にワイマールの宮廷楽長に就任、それから晩年までこの地に住んでいました。

 

この時期はリストのキャリアの中では

演奏よりも作曲、指揮、指導にシフトしていった時期です。

リストにより、1835年に前身となる音楽学校が、

そして1872年に現在のフランツリスト・ワイマール音楽大学

リストの弟子によって建学されました。

 

意外と質素


メインの部屋となる、音楽サロン。

思ったより質素な家だと感じました。

というのも、リストは来るもの拒まず無料でレッスンしていた

のだそうです。あまりお金や財産に興味なかったのでしょうか。

 

リストの所有していたベヒシュタイン。

 

こちらは旅行の際などに使われていた持ち運び用のピアノ。

 

 

無調のバガテル


1階は特別展示と試聴室です。

これは超絶モテていたリストを象徴する有名な絵ですね。

この背景の壁、なんかの曲のピアノロールだなぁと思ってみていたのですが

無調のバガテル(1885)でした。


これは最晩年、亡くなる1年前に作曲されています。

死の直前まで挑戦を続けるリストの探求心はすさまじいですね・・・

この作品は死後しばらくしてようやく有名になったそうですが、

当時の評価はどのようなものだったんでしょうか、気になります。

 

終わり



 

The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す