【曲解説】幻想曲第7番Op.30/F.ソル




 

このリズムの意味とは?


 

今回取り上げるのは、ソルの幻想曲第7番Op.30。


この曲はこんなリズムから始まります。

ターンタ、ターンタという「付点」のリズムが同じ音で繰り返されてますね。

 

 

さて、どのような意図で、このリズムを置いたのでしょうか??

 

 

 

 

概要


 


フェルナンド・ソルFernando Sor(1778-1839)

は19世紀を代表するスペインのギタリスト、作曲家。

バルセロナ生まれですが、パリを中心にヨーロッパ中で活躍しました。

当時のヨーロッパ社交界でギターは一定の人気を博しており、

ギター教本から初心者〜中級者向けの短い作品、

コンサートピース、室内アンサンブルなど、様々な曲が出版され、人気がありました。

当時のギタリストの中でも代表的存在がフェルナンド・ソルです。

 

 

 

 

 

音の並びに意味がある


 

さっそく答えですが、

このゆっくりな付点の同音連打(ターンタターンタ)は

通称、葬送のモチーフ(葬送行進曲)と言い、

この曲は死者への追悼という側面があると考えられます。

 

 

 

同じ音型は他のクラシックの曲にも見られます。

 

 

例えばショパン、ピアノソナタ第2番(1839)。

 

こういう、音の並びが特別な意味を持つ例は他にもたくさんあり、

西洋音楽に欠かせない要素となっています。

(音楽修辞学といいます、たぶんこのモチーフも音楽修辞学の範疇のはず・・・)

 

 

 

 

この葬送のモチーフ、幻想曲第7番Op.30の

中盤でも、最後の最後でも(少し変わりますが)出てきます。

ぜひ覚えておいてください。

 

 

 

 

シューベルト的な・・・


さて、この付点のリズムに導かれるようにして、

この曲のサビとなるメロディー(「主題」といいます)が始まり、

展開されていきます。

 

 

このメロディーが個人的にはすごくシューベルトに聞こえます…

何が、というのは説明するのが難しいのですが。

普遍的で、朴訥。そんな性格を持つメロディー。

めっちゃ好みです!!

 

 

 

 

 

和音へのこだわり


 

後半、少しテンポが速くなり、

こんなメロディーが出てきます。

2小節の短いモチーフが何度も繰り返されるのですが、

 

 

繰り返しのたびに和音が微妙に変わってるんですね。

 

縦に並べて比較してみました。

 

 

シューベルトの即興曲D.899 Op.90-1の出だしが思い出されます。


最初はメロディーだけ。そかし

同じメロディーが、出てくるたびに違う和音に乗せられている。

印象は変わり、緊張感は増していきます。

 

 

 

是非、意識して聴いていただきたいです!

 

 

 

 

 

 

宣伝


というわけで、

今週日曜の大阪でのコンサート、

 

 

そして3/31(日)千葉県市川市のコンサートでこの曲を演奏予定です。

 

 

 

ご予約、お問い合わせはこちらでも受け付けています。

 

 

 

 

これからもこういう曲解説を書いていきますので、お楽しみに!

 

 

 

おわり




The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す