ドイツのペットボトルリサイクル




ドイツにはPfand(プファンド)という、

ペットボトルとビール瓶をリサイクルするシステムがあります。

 

 

持っていくと返金されます


例えば、スーパーでペットボトルを買ったとき


Einwegpfand = 0.25€ こう表記されているものがあります。

飲み物本体の価格とは別に、

ペットボトル代がレジで0.25ユーロ加算されるのです。

 

 

そしてこの0.25ユーロは、

スーパーの入り口などにある、こういう機械に入れると返金されます。

ちなみにビール瓶はMehrwegpfandFlascheなどと書いてあって、多くの場合0.08ユーロが返金されます。

これ、ドイツに来た当初は知らなくてずっと捨ててました・・・もったいない。

 

 

こんな感じで、入れるとペットボトルのバーコードを読み取って吸い込まれていきます。

なのでラベルは剥がしちゃだめです!

 

最後にボタンを押すとレシートが。

スーパー(ここはEDEKA)で使えるクーポンLeergutbonが出てきます。

 

これを買い物ついでにレジへもっていけば返金されます!

 

 

 

失くしました


私はめっちゃアホなので、このクーポンをさっき

買い物中のどっかで失くしました・・・

貴重な2.75ユーロが・・・

たぶんもう誰かが拾って使っていると思う。(笑)

 

 

 

余談


ちなみに、

Einwegpfand(ペットボトル)とMehrwegpfand(ビール瓶と一部のペットボトル)と書きましたが、

ドイツ語で

Einweg = 一度きり

Mehrweg =何度も使う

という意味だと思います。

 

この2種類、対応している機械が違います。

上に載せた写真はEinwegpfandの機械で、Mehrwegpfandは受け付けておらず、

Mehrwegpfandのために、また別のスーパーへ行かなくてはいけなかったりします。

ややこしい(笑)

 

 

おわり




The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す