ドイツで路上ライブをして考えたこと

日本は台風大変みたいですね・・・皆様くれぐれも安全第一で。




今日は、

ドイツでクラシックギターで路上ライブした結果、

どうだったか?ということを書こうと思います。

 

そこら中で演奏中


ワイマールでも隣町のエアフルト(Erfurt)でも、

人の集まるところはよく路上演奏家(Straßenmusikant)がいます。

 

 

一番多い楽器は何だと思いますか?

 

 

なぜかアコーディオンなんですね~

次にギター弾き語り、その次にヴァイオリン、管楽器など。

土地柄、クラシック系の演奏家が多いです。

 

 

準備


そこで私も挑戦してみました!

はたしてクラシックギターは受け入れられるのか・・・?

 

 

生音だとさすがに厳しいので、こちらを使用しました。

ローランドの電池駆動アンプ。音量は充分です。

 

 

これに安物のコンタクトマイク(前から持ってました)をつないで・・・

いざ!

 

 

 

動画あります


なんと動画があるんですねー

 

 

こちら!


エアフルト・クレーマー橋の入り口にて

友人に協力して撮ってもらいました。

カヴァティーナ(マイヤーズ)を演奏しているところです。

 

 

他には、ニュー・シネマ・パラダイス(モリコーネ)、

森に夢見る、郷愁のショーロ、ワルツ3番(バリオス)

アルハンブラの思い出(タレガ)、

セレナーデ(シューベルト)など色々演奏しました。

 

 

みんな優しい


けっこう立ち止まって聴いてくれて、拍手してくれたり、

「僕もクラシックギターやってるんだよ!トレモロ上手いね!」

などと声をかけてくれたりして、楽しい路上ライブとなりました。

 

 

そしてなんと、入れてくれた小銭の額は1時間につき10€(1200円ほど)になりました!

「美しい音楽をありがとう!」と言ってお金を入れてくれる人が多く、感激です。

(上の動画では誰も入れてくれていませんが・・・本当ですよ!)

今まで何回かやって、警察に止められたことは一度もありませんでした。

 

 

しかし・・・


ワイマールでは実はアンプを使うのは禁止されている・・・ということが

後々わかったので、そのあとはエアフルトのみでやりました。

あとは、20分おきに場所を変えないといけない、というルールもあります。

まあ禁止されてないだけありがたいですね。

 

 

人はなぜ路上演奏家に寄付するのか?


日本と比べてどうこう、ということはあまり言いたくないのですが・・・

ドイツで路上演奏に寛容な理由は、

①路上という公共スペースのルールの違い

②音楽にお金を払うべきという意識がある

③「寄付」の文化が根付いている

という3点から、日本との違いを含めて捉える必要があるなぁ、感じました。

以下、それぞれについて考察したいと思います。(長くてすみません)

 

 

①路上という公共スペースのルールの違い

日本はそもそも人口密度が高く、道路が狭い

→なので公共スペースが少なくなる

→公共スペースのルールを厳密に定めなければならない

という状況が影響していると思います。

 

でもドイツもルールは厳しいんですけどね・・・

(例:Ruhezeitといって、騒音一切禁止の時間がある。だいたい昼休みと日曜日)

なのでこれだけでは説明できないと思います。

 

 

②音楽にお金を払うべきという意識がある

これは音楽界ではさんざん議論されていることかと思います。

日本でもドイツでも状況はあまり変わらないかと思いますが・・・

 

例えば、

・日本はBGMが多い、ドイツは少ない(日本はあらゆる店内でBGMが流れている、

商店街とかでも平気でスピーカーからBGMが流れていたりする)

ということも関わっていそうです。

「こんなに街中は音楽で溢れているのに、なぜ路上演奏家が必要なのか?」ということです。

 

 

③「寄付」の文化が根付いている

寄付をすることは神に愛される行為、というキリスト教の考え方です。

 

また、

アメリカの哲学者ジョン・ロールズJohn Rawlsは、

「能力は個人のものではなく社会の共有財産である」と自著「正義論」に記しています。

つまり地位、才能、生まれた土地などは「たまたま」与えられただけであって、

それを私的に所有できる理由はないという考え方です。

これは明らかにキリスト教的価値観から来ており、寄付の動機となりうると思います。

 

さらに、

最近ではよく「ノブレス・オブリージュ」という言葉を見かけるようになりました。

ノブレス・オブリージュは「社会的規範」という考え方が基になるため

上記のロールズの意見とはまた違った形になりますが、寄付の動機となることは変わりません。

 

まとめ


もちろん、「日本もドイツみたいになるべきだ」という単純な話ではありませんし、

自分の中でも、だからどうするべきなのか、というのはわかりません。

しかし日本とドイツという異なる社会の構造を

「路上ライブ」という側面から考察できて、また1つ考えが深まった気がします。

 

 

おわり

 


このブログは広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告がブログ訪問者にクリックされると、私のほうへ報酬が発生するという流れです。

 



The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す