自然な揺らし方の演奏

ぎこちない揺らし方の演奏と、自然な揺らし方の演奏。違いはどこにあって、どうやったら自然にできるのでしょうか。

rit. とaccel.のイメージ

揺らす、というと複雑なので一旦リタルダンド(rit.)とアッチェレランド(accel.)で考えてみましょう。

私は演奏をよく自転車の運転に例えます。

直線では気持ちよく進んでいき、
曲がり角が来たら少しペースを落として。
そしてまた、進んでいく。

何もない所でしょっちゅう急停止、急発進していたら、
見ている人は「大丈夫?」って不安になりますよね。

rit.は車輪がブレーキをかけてだんだんとまっていくイメージ、

逆にaccel.はペダルを漕いでだんだん加速していくイメージで。

物理法則に則った演奏が、聴いていて心地いいのです。
(もちろん、それをあえて壊す場面もたくさんあります)

それを踏まえて、いろんな演奏を注意深く聴いて観察してみましょう。

おわり

The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す