エアフルトのクリスマスマーケット




 

さてクリスマスシーズンももうすぐ終わってしまいますね・・・

先日はエアフルトErfurtのクリスマスマーケットに友人たちと行ってきました。

 

奥に見えているのはエアフルトの大聖堂Erfurter Dom!古くは700年代の建築ですが、

今のゴシック様式になったのは14~15世紀の間。高さは80m以上!

こちらの内部に関してはまた別記事で書こうかなって思います。

 

 

その手前に観覧車があります。

 

前のオクトーバーフェストの時にも観覧車について書きましたが、

オクトーバーフェスト(ビール祭り)に行った話

 

 

今回は乗ってみました!

こうしてみるとすごい人出ですね。この時平日の夜18時くらい。

さすが州都のクリスマスマーケットだけあります。

 

 

動画バージョン(音無し)

前にも書きましたが、こっちの観覧車はなぜか速くて、何周も乗せてくれます。

のんびり景色を見たいんだけどな…

あと、日本の観覧車みたいに部屋になっていなくて、吹きっさらし。

寒いし、身を乗り出したら簡単に落ちちゃいそうで危ない。。。

 

 

 

ローテンブルク Rothenburg ob der Tauberの木の人形のお店が来ていました。

 

ミニチュアが可愛い。

 

ガラス細工の専門店もたくさん。買いたいけど日本に持って帰るのは危ないな。

 

 

 




食べ物紹介!


屋台でもシュトレンStollenが売っていました。

色々なお店の名前と都市名が書いてあります。

一切れでも売ってもらえたので、せっかくなので頂きます。おいしい!

これはくるみがけっこう多めに入ってました。

 

 

 

これはブレ―テルBrätlというチューリンゲンの名物。

豚肉(肩ロース)を沢山のスパイスとビールで味付けして焼いたもの。

ドイツらしいしっかりとした歯ごたえの肉!

屋台向けにかなり味濃い目になってました。レストランでも食べたことあるけどだいぶ印象違う。

 

 

 

穴場スポット


(これは別日なのですが。。。)エアフルトのDomの裏にもマーケットがあって、

ますます古めかしい雰囲気の屋台が並んでいます。

 

 

 

ちょっと穴場な雰囲気が楽しめます。

Kartoffel(ジャガイモ)の屋台。

 

こっちはケバブ(パンにはさんだ野菜と肉にヨーグルトソースをかける)

みたいなのでした。

 

この写真、よく見るとメニューの看板に

0.2ℓ  3.5Taler とか書いてありますよね。

Taler=ターラーはマルクの前に使われていた通貨です。

16~19世紀という長い間使われていたみたい。

こういう遊び心いいですね。

 

この日飲んだのは

シナモンとリンゴのジュースZimtapfelsaft(2ターラーって書いてあるけど2ユーロ)。

唯一あったノンアルコールの飲み物がこれでした。コンサート前だったので・・・

 

 

 

そして忘れちゃいけないグリューワイン!

・・・と思ったけど、

この日はアイアープンシュ(卵のお酒)をいただきました。これも甘くて美味しい!

 

 

 

 

エアフルトのクリスマスマーケットは12月22日まで!もう今日で終わりですね・・・また来年!

いつも付き合ってくれる友人に感謝です!

 

 

おわり

 




The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す