150年前の留学生




今ワイマールのSchlossで日本に関する展示をやっていて、友人に誘われて見に行ってきました。

カール・アレクサンダー大公は19世紀後半のワイマールの公爵で、明治時代の日本との交流に重要な役割を担った人物です。

 

明治天皇からの彼宛の文書や、絵画や焼き物(有田焼)などの収集品を見ることができました。

 

面白かったのが、当時こちらの大学へ来た留学生に関する資料。最近見つかったばかりだそうです。

ワイマールの隣町イェーナにイェーナ大学という歴史ある大学があるのですが、

そこで日本人が哲学、法学や経済学を専攻してたらしいです。最初に来た人は1877年!

その時の学生名簿や、卒業論文とかも展示されてました。

 

いやー並大抵の苦労ではなかっただろうし命がけでしょうね・・・

 

また、生々しいことに、現地で亡くなった人の名簿とかも展示されていました。

学生名簿に名前は残っているけど、その後何をしていたかわからない日本人の名前もあって、これから研究の対象になるだろう・・・みたいな話も聞けました。

 

ところでワイマールに音楽留学した最初の日本人って誰だろう?

 

まだまだ知らないことばかりだなー




The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す