授業紹介【1】音楽史



この画像は座学系の授業が行われるアムホルンAm Hornという校舎です。(冬)

 

旧ブログでも書いていましたが、

こっちのブログでも授業について紹介していきます!

まずは音楽史Musikgechichte。

 

2年かけてじっくりと


私は日本の音大を出ていないので、日本がどうだかわかりませんが・・・

曲を流し、その曲や時代背景を先生が壇上で喋る、という形式です。

 

音楽史Ⅰから音楽史Ⅳまであり、それぞれ半年ずつです。

Ⅰ モンテヴェルディまで

Ⅱ モンテヴェルディからJ.S.バッハまで

Ⅲ 古典派から後期ロマン派くらいまで

Ⅳ 20世紀以降

っていう感じで分かれています。

 

Ⅰはまだ受講していません。

モンテヴェルディが出てくるまで、で半年も使っちゃうのが

なかなか興味深いですね。どんな内容なのか楽しみ。

 

ほとんどの人は2年(半年×4)かけて全ての授業に出席します。

(1学期に2つ受講することも可能なので、ショートカットもできます)

 

口頭試験


ここまでは普通なのですが、問題は試験。

Ⅰ~Ⅳすべてを受講し終わったら試験があります。

 

試験は口頭試験です。

先生が何か曲の録音を流します。

その曲の形式、特徴や時代背景についてドイツ語で解説しなければなりません。

 

選曲は上記のⅠ~Ⅳ、あらゆる時代から。かなり準備が大変です。。。

(ただし、最近カリキュラム変わって、一気に全部試験ではなくなりました)

けっこう試験で不合格になる人が多いって聞きます。

不合格でも追試があるんですけどね。

 

日本の大学は、

試験で単位を落としたら最初から授業取り直し

というシステムなので、それよりもある意味優しいです。

留年というシステムもないですし。

 

筆記試験ももちろんありますが、日本に比べると

筆記試験より口頭試験を重視している・・・ように思えて興味深いです。

 

終わり



The following two tabs change content below.

伊藤 亘希(いとう こうき)

脱サラ系クラシックギタリスト、ドイツへ行く。

最新記事 by 伊藤 亘希(いとう こうき) (全て見る)

コメントを残す